のぼりとは

のぼりとは何か、歴史的由来と、過去および現在の利用状況についてその変化がどのようなものか解説しています。

のぼりとは

飲食店などではためくのぼりはあちこちで目に付きますし、バーゲンなどの際にも「ちょっと立ち寄ってみようかな」と興味をひきますよね。

そんなのぼりは、古代中国から戦闘用の便利グッズとして下賜された旗であったようで、15世紀ごろ、武士たちの戦闘時の、敵味方の目印として利用されていたものを棒に乳の部分をくぐらせて安定させるよう改良が施された形は現代まで続いています。

しかしその用途は、平和な世の中になるにつれ変化し、神社の祭礼用、相撲や芝居小屋の力士・役者の名前を入れた物、各種の店舗の宣伝用などに活用されるようになり、現在の利用方法となっていきました。

メイン用途は広告用で、特にのぼりの大きさは定義はないですが、制限ある空間を効率的に利用しつつ布面に事象をアピールするための文言を記載するので、たいてい縦に長いものが多いです。

のぼりに利用する材質などは、以前は旗竿には竹などが利用されていましたが、金属パイプに塗料で表面処理を施したものや、合成樹脂素材を用い、成形したものがほとんどです。

また以前は布も綿がほとんどでしたが、その耐久性やあざやかな発色を鑑み合成繊維がとってかわってきています。

ここではのぼりについていろいろ見ていきましょう。

便利なのぼり Copyright (C) www.sameiluminacion.com. All Rights Reserved.